工場で働くデメリットも知っておこう

工場で働くデメリットとは

工場の仕事内容に関しては、ライン作業の場合、いつも同じ場所で同じ作業を繰り返すので、飽きてしまう可能性があります。また、自分の前後の工程で作業する人がいるので、自分が任された仕事にかけられる時間が大体決まっています。限られた時間内に素早く、正確に作業しなければならず、慣れるまではプレッシャーを感じることもあるでしょう。

勤務時間に関しては、ライン作業だと全員が同じ時間に作業するので、自分の都合で休めません。24時間体制で稼働しており、日勤と夜勤のシフトを組んでいる工場では、夜勤を担当することになるかもしれません。慣れない夜勤で眠気に襲われたり、体のリズムが崩れてしまう可能性があります。また、夜勤はなくても、工場によっては残業や休日出勤があります。

危険な作業をすることもある

工場のライン作業で同じ動きの繰り返しだと、体の特定の部位に負荷がかかり、筋肉痛など体の痛みを感じるかもしれません。工場では重いものを運んだり、立ちっぱなしの作業を任される可能性があり、体力に自信がない人には向かない仕事もあります。配属される場所にもよりますが、機械の不具合や人間の不注意により事故が起きることもあります。作業フローの確認や使用する機械の点検をしっかり行い、集中して仕事できるよう体調を整えなければなりません。

もう一つのデメリットは、工場勤務で得られた経験やスキルを活かして転職するのが難しいということです。似たような業務内容を他の工場で行うケースを除いて、工場の仕事で身に着けた特殊なスキルは、異業種への転職の際にはプラスにはならないかもしれません。