食品工場の求人の仕事内容

食品工場といってもそのタイプは多種多様!

食品工場の仕事を希望しているけれども、初心者なので何かと不安があって、なかなか一歩が踏み出せない、こんな人もいるはずです。確かに工場の仕事では一定以上の適正や資格が求められるケースがあるのは事実であり、それは食品工場であっても例外ではありません。ただし一口に食品工場といっても、取り扱う製品や食材の種類、あるいは企業の規模やタイプによって、仕事内容が大きく異なるのが通常です。

例えば機械化の進んだパン工場の製造ラインでは、仕分けや包装といった、単純作業を繰り返すだけの傾向が見られます。その一方でお弁当の製造工場では、食材の仕込み作業から弁当箱への詰め込みまで、手作業による熟練のスキルが求められる現場もあります。このように食品工場といっても多種多様なので、求人を探す際にはまずどんな製品を取り扱っているのか、そこから詳しくチェックすることが求められるでしょう。

同じ食品工場内でも配属先によっては仕事内容が大きく異なる!

また同じ食品工場内であっても配属される部署が異なれば、仕事内容はもちろん、求められる適性や能力にも、当然ながら違いが生じます。例えば単純作業を繰り返す製造ラインでは、体力や集中力あるいは反射神経などが求められるでしょう。他方で工場全般の製造を管理する仕事になると、専門的な知識や長い経験の他、責任感やコミュニケーション力といった、比較的高度な能力が求められることも少なくありません。

さらに製造ラインで特殊な機械をオペレーションしたり、仕入れた食材や完成した製品を搬出入するために、フォークリフトといった搬送機器が必要な作業になれば、それにふさわしい資格や経験が求められることも、実際に工場の現場では数多く見られます。いずれにせよ、同じ食品工場内でも配属先によっては、仕事内容や求められる能力あるいは資格等が異なるため、求人条件ではこの点についてもしっかり確認する必要があります。