自動車関連の工場の求人の仕事内容

いくつもの工程に分かれる自動車工場の仕事

自動車関連工場での仕事は、メーカーや製造する車種、下請け工場によって変わってきますが、一般的な工程の順で言うと、大きくはプレス、溶接、塗装、エンジン製造、組み立て、検査などの作業を行います。プレスは、銅板からドアやボンネットなどのパーツを作る作業です。機械が作業を行うので、人は機械に異常がないか監視し、材料を供給したり、トラブル発生時に上司への報告などを行ったりすることが主な仕事になります。溶接は、プレスでできあがったパーツを、熱で接合して組み合わせる作業です。ほとんどの溶接作業は機械が行うので、機械の操作と溶接した部分の検査が人の主な仕事です。塗装は、塗料を塗る作業で、これも機械によって行われるので、人は検査をします。

その他にピッキングや軽作業などもある

エンジン製造では、加工などは機械が行いますが、組み立ては人の手作業です。その後検査をします。組み立ては機械と人の手作業の両方で行います。中でもエンジンは複数人が協同して取り付けるのです。検査は完成した車に問題がないか人によって行います。さまざまな検査を行いますが、すべて基準を満たした製品だけが出荷されるのです。

その他にもピッキングが行われる場合があります。ピッキングは、別の工場などから送られてきた部品を、所定の製造工程の部署まで運ぶ作業のことです。だいたいは台車などで運びますが、フォークリフトによって運ぶこともあります。また、自動車の小型部品製造メーカーでは軽作業が主で、女性が多く勤務する部品工場もあります。仕事はヘッドライトの組立や組立後の製品の出荷前の検査などの軽作業です。こうした仕事は工場勤務が未経験の人にも仕事がしやすく負担が少なくてすみます。

効率よく派遣の仕事探しをしたいのであれば、人材派遣会社へ登録しておくとよいでしょう。登録しておけば、コーディネーターが希望の条件にマッチした職場を紹介してくれます。